ユーザーが使う管理画面や様々な機能と全体を構築している Laravel の活用について説明したいと思います。このサービスは Laravel の機能をフルに活かし、 より見通しが良くて拡張性が高いものを作れるように日々取り組んでいます。

Laravel を使って拡張性の高いコードを書く上で特に気を付けていることは、処理量が少なくコードの処理記述が楽になること、なおかつ効率的に作業できるということにいつも気を付けています。お客様の要望や新機能で魅力的だと思う機能を実証することがとても面白いです。

新しいアクションを追加する時に、処理効率面など難しい部分があるのですが、実際の仕様をある程度現実的な形で変更したり、導入しているグラフデータベースの Neo4j を自身でも活用できるようにしたりしています。 サーバー処理負荷の制限を克服するのは困難ですが、 このようなことを繰り返しながら実際の運用に近づくことができているのではと思います。

今の開発はまだテスト段階になるのでサービスに引き続き携わっていきたいと思っています。また、新事業や面白いプロダクトなどがあれば、そちらにも携わっていきたいです。