Happiのポップアップ機能には用途が多々ありますが、なかでも画期的かつぜひ皆さんにも活用してほしい機能の一つにプッシュ通知機能があります。プッシュ通知とは、会社の担当者からのお知らせや新情報などの通知を自動でスマホやパソコン上に表示させる機能のことです。スマホをお持ちの方であれば、一度は目にしたことのあるものだと思います。もちろんパソコン上でも表示されることも多いです。

Happiでは、プッシュ通知機能を導入するため、サーバー上ではPHPを、ブラウザ上ではJavaScriptを活用しています。しかしこのようなツールだけですべての情報を管理すると不必要な情報も多く、また、コードの行数を増やすたびに変更箇所の確認に手間取り、サービス提供までに時間を費やしてしまいます。そこでHappiでは新たに「firebase」という外部のサービスを導入することにしました。firebaseを使用することにより、 ブラウザから送られてくる複雑な情報を、firebaseから発行されるトークンだけで簡単に管理することができます。

現在、ほとんどのプッシュ通知はアプリをインストールしなければ設定することができません。サービス利用を検討しているユーザーに「アプリをインストールしてもらう」という作業工程が一つ増えてしまうことになります。会社の担当者にも、アプリの管理という別の作業と知識が必要になり、本来のサービス提供に滞りが出る可能性もあります。Happiでは、プッシュ通知の設定から管理までをブラウザ上ですべて行い、先述した問題を解決できるように全力で機能のブラッシュアップに努めています。