誰もが今までよりもさらに健康で安心して暮らせるようにするためには、AIを使ったコミュニケーションツールはライフサイエンスや医療の現場でも役に立ちます。

例えば、AIなどの人工知能を使ったツールは、インターネットからの病院やクリニックなどの予約や質問などを気軽に行うことができます。

実際に大手通販サイトでは、インターネット上でユーザーとコミュニケーションを直ぐに取れるようにマーケティングツールを導入しています。

医療でもこのようにインターネット上で病院やクリニックの公式サイトや予約管理画面にポップアップ機能を設定しておくことで、患者さんとのやり取りを円滑に行うことができます。

また、美容外科などのクリニックでは、事前に患者さんとやり取りをネット上で行うことで、集客にも役立てることが可能です。

薬の飲み合わせや持病がある方でも事前に病院とコミュニケーションをサイト上で行うことで、診察時間の短縮や院内で働くスタッフの時間配分も効率よく行うことができます。

このように誰でも安心を身近に感じることができ、人手不足の医療現場においては、事前にネット上で患者さんとコミュニケーションを取ることが大きなメリットが期待できます。

他にも時間外の受付であれば、自動返信メールを設定しておくことで、スタッフの翌日の作業が明確化されます。

例えば、自動返信メール内に季節に応じたメニュー(例えばインフルエンザワクチンの案内など)を明記しておくと受診したついでに予約したり、ワクチンを打ってくれるなど作業効率も向上するでしょう。

Happiのシナリオ機能でシナリオ組み立てておくことで、予め初診なのか通院患者なのかのセグメントを分けて管理することもできますし、初診の方用に別ページを設けているサイトであれば、患者が閲覧したページを基に相応しい案内を設定しておくことも可能です。