理化学機器は、分析分野や用途が幅広いため、それぞれのペルソナに沿って
適切な製品や学術論文を提案していかなければなりません。
そのためには、一般的な行動データをもとにしたレコメンドではなく、一つひとつのページをルール付けすることが必要となります。
Happiでは、閲覧したページをトリガーとして、次に案内したいページに誘導させるポップアップを表示させることができます。

そのほかにも、資料請求のためのフォームや、お問い合わせを受けるためのフォームをそれぞれのシナリオに沿って適切に表示させます。

シナリオが完成したら、あとは自動でシステムが誘導してくれるので、担当者の手からも離れられます。