流行りのコミュニティーで扱われる情報はとても速く、ボリュームもとても多いです。
企業とエンドユーザーを結ぶ役割を担っていた企業サイトはかつての役割を終えようとしています。

企業サイトでは「ブランドを表現」「イベント情報」「サービス案内」と様々な情報が設置されていました。
これからのサイトはこれらの情報に加え、企業サイトは新しい役割を担う必要があります。

その一つに、訪問者とのリアルタイムのコミュニケーションがあります。
問い合わせフォームを用意してのやり取りではありません。
チャットでリアルタイムのコミュニケーションを行い訪問者に最適された情報をプッシュしたり、新しい役割は様々あります。

この仕組みをhappiでは現在展開中のサイト上で簡単に低コストで始めることができます。
設定は簡単タグ設置で様々な機能が活用できるようになります。
チャット機能の導入や、サイト訪問者それぞれに適したコミュニケーションの開始の仕掛けを用意できます。
そのコミュニケーションの仕掛けはAIが自動的に開始してくれます。

サイトに訪れた求職者とその場でリアルタイムのコミュニケーションを行い次のアクションへ。
happiでは様々なコミュニケーションの仕掛けをサイト上でサポートすることができます。