ユーザーの求めている情報をデータベースをもとに分析し、適切なタイミングでメールを自動送信することができます。それにより、簡単にユーザーとのコミュニケーションが図れます。例えば、ユーザーによるポップアップからの送信をトリガーに設定し、フォローメールを送信するすることで、ユーザーとの関係を強化します。また、ユーザーの満足度向上やクロスセル・アップセルを狙っていくこともできるでしょう。自動送信にすることで、人員・作業時間のコストカットにもつながります。