コマンドを設定することで、メール送信やポップアップ送信などのユーザーからの反応をもとに、実際に使っている機能の有効性をチーム全員が把握することができます。機能の有効性を把握することで、その後ユーザーへどのような情報やサービスを提供していくかなどを考える材料にすることができます。