ECサイトへ訪問されたユーザー情報に基づいて、どのような商品アプローチを行うのかを自動で分析し商品購入につなげていきます。

例えば、以前にECサイトに訪れたユーザーであれば、過去の閲覧履歴から商品の好み、年齢、性別などを特定し、ユーザーの要望に近い商品を紹介していきます。

そこで、商品の好みを更に細かく分析し、お勧めした商品にアプローチをかけた上で、もし、反応がなければ、更にユーザーが好ましいと思う商品を人工知能を使ったAI機能で再度、アプローチをかけていきます。

通常、服を買いに来たと仮定した場合、店頭販売となると、ショップスタッフがお客様に寄り添い接客をしてくれます。

お客様が求める洋服に対して、どのようなカラーやデザインがあるのか?また、どのようなコーディネートが合うのか?といったことをアドバイスしてくれます。

このように、ECサイトへ訪問されたユーザーは実際に人と合わない買い物であってもAIを駆使し満足度の高い買い物が行えるようになります。

ネットショッピングでも、店頭販売のような接客を受けれるといった感覚になります。他にも、ただ何気に加湿器を閲覧しに来たユーザーが実際には購入する気がなくても、加湿器に関連した商品を紹介することで、アロマオイルの購入に至り、結果、加湿器も購入したといったケースもあります。

マーケティングオートメーション機能を使うことで、「ついで買い」を促せる心理効果も期待できます。

特にネットショッピングの場合、送料が掛かることが殆どですので、AI機能を使い「3,000円以上送料無料」といったようにポップアップ機能告知することも購入に至る決め手ともなります。

また、分かりやすい案内はネットショッピングをする上で、丁寧な印象を受けやすくなります。

自動でユーザーに適した商品を分析し、セグメントすることにより、商品を買いやすくし、更にはお客様の満足度も好感度も上げれるといった相乗効果も期待できます。

オートメーションマーケティングは、新規顧客だけではなく、リピーター獲得にも貢献することのできる、人に優しいツールです。