名刺交換の際、メールアドレスのデータを追加すると、自動でフォローアップメールが送信されます。営業などで膨大な名刺情報をデータ化、フォローアップメールをすることにより重要な内容のメール未送信などを防ぐことができます。また、送信メールに会社やお店のウェブサイトなどのページリンクを貼ることで、さらなる自動アクションを増やすことができます。リンク先のウェブサイトへポップアップを表示させたり、プッシュ通知購読を促すなどして会社やお店のアピールを増やすきっかけになります。